B食旅【びしょくたび】全国の安くて美味しいB級グルメを食べ歩き トップへ

全国の安くて美味しいB級グルメを、実際にお店に行って、食べて、旅先の写真と共にご紹介。

○旅行テクニック

980円で沖縄へ行ってきます♪

 北海道に行ったばかりではありますが、立て続けに沖縄への980円チケットが取れたので行ってきます。

 980円で沖縄へ行けるなんて、夢のようですね。

 私が47都道府県に行こうと決めた時に、沖縄は最後に行こうと決めたのですが、980円で行けるなら、そんなのは関係ありません(笑)

 前回の北海道で、成田発というのは経験したのでスムーズに行きましたが、今回往路が3時間というフライトの為、どれだけ苦痛なんでしょうか。


苫小牧へ行こう!マルトマ食堂へ行こう!!

DSCF2169

 苫小牧と言われても、千葉に住む私にとってはあまり馴染みの無い所だったのでした。

 フェリーでも利用しない限り、他の旅行者の方もあまり立ち寄らないのではないでしょうか。

 近郊の札幌の方でさえ、あまり行く機会はないかもしれません。


 そんな私が、苫小牧へ行くようになったのは、ネットでマルトマ食堂というお店を見付けてからでした。

 あまりに気に入ってしまい、それ以来、苫小牧には8度も行ってます(^_^;)


 ただ殆どの方は、漠然と「苫小牧って遠いのでは?」というイメージがあるのかなと思います。

 しかし、そんな事はないんです!。苫小牧は近いんです!!


 そこで、タイプ別に、苫小牧へのアクセス方法をご紹介します。

●タイプ1 新千歳空港を利用して札幌へ行かれる方

 方向的には逆なのですが、新千歳空港から電車で最短23分で行ける為、旅の最初の目的地とするのがオススメです。
 (乗り換えのタイミングによっては40分程度掛かる場合もあります)

・時間優先の方 JRを利用
(例)新千歳空港9:34発−南千歳乗換−苫小牧9:37着 所要時間23分 670円

・費用優先の方 バスを利用
(例)新千歳空港9:50発−苫小牧10:35着 所要時間45分 600円

●タイプ2 新千歳空港や札幌から、登別や室蘭へ行かれる方

 新千歳空港や札幌から登別や室蘭へ行かれる方は、苫小牧は途中にあるので便利です。

 特に、特急を使わず普通列車で行く場合には、苫小牧で乗り換えになる場合が殆どなので、その乗換えの時に途中下車してみましょう。

・札幌から 時間優先の方1 JRを利用
(例)札幌10:55発−千歳乗換−苫小牧11:58着 所要時間63分 1,410円

・札幌から 時間優先の方2 JRの特急を利用
(例)札幌10:37発−苫小牧11:20着 所要時間43分 2,510円

・札幌から 費用優先の方 バスを利用
(例)札幌10:00発−千歳乗換−苫小牧11:37着 所要時間97分 1,270円


 特急だと43分しか掛からず、凄く便利ではありますが、その為に+1050円を払うのは難しいですよね。
 実際私も、一度も特急で行った事はありません。

 しかし、最近裏技(?)を発見したんです。

 JRで出している自由席往復割引きっぷ(Sきっぷ)というのがあり、これを利用すれば、札幌から苫小牧の往復で2,960円しか掛からないんです。

 普通列車でも往復で2,820円なので、140円の差額で特急を利用する事が出来ます。

 ただこれは、札幌−苫小牧の往復きっぷですから、札幌の方が苫小牧に行く場合はともかく、旅行者が使うには、登別1泊して札幌1泊するなど、ケースが限られます。

 私の場合は、旅の行きと帰りに苫小牧に行く事が多いので、このきっぷの発見は大きいですね。


 皆さんも是非、苫小牧に行ってみてはいかがでしょうか?


 そして、私がオススメする、マルトマ食堂に行ってみて下さい。

2009年12月12日 8回目 マルトマ食堂@おまかせ丼
2009年12月09日 7回目 マルトマ食堂@おまかせ丼
2009年07月25日 6回目 マルトマ食堂@塩水ウニ丼サービス付
2009年07月24日 5回目 マルトマ食堂@超激安の特別丼?
2009年01月26日 4回目 マルトマ食堂@鮪,ホタテ漬丼,ウニイカ入
2008年09月09日 3回目 マルトマ食堂@カンパチづけ丼+α
2008年04月10日 2回目 マルトマ食堂@ウニ丼B&ホッキ貝刺



関連ランキング:定食・食堂 | 苫小牧駅



数字で見る 2009春旅

 今回の旅は、いかに費用を抑えて行くかをテーマとしていました。

 普段の旅は、実際に掛かった額を調べると恐ろしくなるので、計算はしないのですが(笑)、今回はあえて、実際に掛かった額を計算してみました。


 4日間、掛かった全ての金額は、39,455円でした。

 目標は3万だったのですが、4万なら上出来でしょう。


 因みに、正規料金で同じ工程を周った時の金額も調べてみたのですが、68,445円でした。

 29000円、得した計算になりますので、かなりお得でした。


 ただ、正規料金で旅する人は少ないでしょうし、料金を気にしない人は、特急を利用するでしょうから、単純な比較は出来ませんが…。


 私みたいに、いかに費用を掛けずに旅をするかを考える人間は、どうしても安くあげる方法を考えがちなのですが、最近は、考えが変わってきました。


 例えば、フリー切符で行くと待ち時間も含めて3時間、往復で6時間掛かる所を、特急を使えば、余分に5000円掛かるものの、往復で3時間しか掛からない観光地があるとします。

 以前なら、5000円安く済めば、その分食事代に回せる♪と思ってしまうのですが、観光出来る時間を3時間分5000円で買えると思えば、逆に安いんじゃないかって思えるようになってきました。

 そもそも、そこに行きたくて何万も掛けて行っているんですから、数千円の上乗せは逆にメリットではないかと思えるわけです。

 特に、あまり行けない場所や、特別なイベントがあったりする時には、余計にそうですね。


 今回も、名古屋行きの快速みえに乗った事によって、450円の出費で1時間半、時間の短縮に成功し、閉店時間の早いお店に行く事が出来ましたし、390円払う事によって、一度乗ってみたかった近鉄に乗車する事ができ、松阪牛もゆっくり食べる事が出来ました(笑)


 正直言うと、どう電車に乗ると安く効率よく周れるかを調べるのは、非常に大変な作業ではあるのですが、これも旅の一つと思って、いろいろ調べてから行くのも楽しいですよ。



 因みに、私がどれだけの時間、電車に乗っていたのかも、調べてみました。

 ■4日間トータル
  乗車時間 34時間9分(1日平均8.5時間)
  乗車距離 1867.1km(1日平均467km)

 特に、最終日が、
  乗車時間 10時間28分
  乗車距離 586.8km
 と、一番長かったですが、そんなに苦痛ではなかった私は、おかしいですか?(^_^;)


 でも、もし1万円出す事によって、乗車時間が半分の17時間になるのなら、出してたかも(笑)


激安ツアーはいくらお得なのか?

 先日、ご紹介したツアー、申し込んでしまいました(^_^;)

 折角行くのですから、どれくらいお得なのか、計算してみました。


 ・羽田−新千歳 航空券 往復67,200円
 ・ホテル(ブルーウェーブイン札幌シングル)3泊18,585円
 ・朝食 3回 3,000円
 ・旭山動物園行きの往復バス 3,800円
 ・新千歳−札幌の往復JR切符 2,080円
 ・お土産2000円券 2,000円
 ・クーポンで食べられる食事代 1,500円

  合計98,165円 − 今回のツアー代30,000円 = 68,165円もオトク!!


 まぁ、これは定価計算ですので、この値段で行く人はあまりいないとは思いますが、でも、これだけ安いと、定価って何なんだろう…って思ってしまいますね。


 さてさて、何度も来ている北海道。今回は、総集編?的な旅にしようかなって思ってます。

 北海道初心者の方には、オススメスポットばかりですので、参考にして頂ければ幸いです。

 逆に、ブログを何度か見てくれた方にとっては、同じ場所ばかりでつまらないかもしれませんが(^_^;)


 1月下旬の更新をお楽しみに!!


北海道に行きません?

 旅から帰ってきて、もう暫くは(旅は)ないかなと思っていたのですが、何気に旅行会社のサイトを見ていたら、激安商品を発見してしまいました。

 3泊4日のツアーなのですが、一泊6000円ぐらいのホテルが三泊に、一食1000円程のバイキング朝食、羽田−新千歳の往復航空券がついて、一人参加で…


 2万9000円!


 「え? そんなに安くなくない? 安いけど激安とまではねぇ…」

 ホテルと朝食で2万円、航空券は格安航空券でさえ最低2万円はしますので、個別で頼めば4万円掛かりますので、2万9千円でも充分安いのですが…


 はいはい、私もそれだけで激安とは申しません( ̄ー+ ̄)


 実は、このツアーには特典が付いているんです。


 「特典て…。どうせおまけでしょ?」


 確かにおまけかもしれませんが、それが凄くおトクなんです。


●特典その1 新千歳空港−札幌間の、往復JR券(2080円相当)

 レンタカーを借りない限り、JRやバスで札幌に向かう事になるのですが、かなり距離がある為、JRで2080円、バスでも2000円掛かります。必ず必要になる物が付いてるというのは、実質2000円の値引きと言ってもいいでしょう。


●特典その2 札幌駅・新千歳空港内で使えるお土産2000円券

 北海道はお土産の宝庫ですから、2000円以上の買い物をする人が殆どだと思います。これも、実質2000円の値引きと言ってもいいでしょう。


●特典その3 ANAイタダキマンモスキャンペーン

 これは旅行会社の特典ではなく、年に何回か行われているANAの特典なのですが、結構おトクなんです。

 1000円〜2000円相当の飲食が出来るクーポンブックに、旭川動物園へと、小樽・石狩へ行ける2つのバスに、無料で乗れるんです。

 これらの特典を金額に換算すると、最低でも5000円はするでしょうか。

 この特典は、必要でない人もいるので、実質の値引きとは言いづらいのですが、利用する予定がある方には、非常に嬉しい特典だと思います。


 凄い特典でしょ?


 実質2万5000円で、3泊4日で、旭山動物園まで行けちゃうんです。


 これなら納得していただけますでしょうか??


 しかも、紹介した価格は一名参加の価格であって、家族4人で申し込めば、一人当たりがなんと…


 2万4000円!! という事は、実質2万円!!!


 いろいろな激安ツアーを見ていますが、ここまでおトクなツアーは、滅多にないかと思います。


 そこで、行っちゃおうかな…なんて思ってたりします。


 ★★★ 誰か一緒に行きませんかー?? ★★★


 「旅行なんて、金が無くて行けねーよ」って人も、この価格ならなんとかなるんじゃないでしょうか?


 1泊2日、2泊3日もありますので、平日に休みを取れる方は、是非、行ってみて下さい。


 美味しいお店や、オススメ観光スポットなら、ご紹介しますので。


旅行計画の立て方 その2

■具体的な日程を決める

 さて、ツアーが決まったところで、今度は具体的な日程を決めていきます。

 多くの人は、ガイドブックでも買って、現地でそれを見ながらどうしよっかな〜なんて決めるかと思いますが、私はそれをしません。

 行く観光地から、乗る電車やバスの時刻、食事をするお店まで、全て前もって調べてしまいます。ですから、完成した日程表は、分単位でぎっしり細かく書いてあります。

 「そんなの楽しくない!自由に行動してこそフリー旅行だろー!!」って人もいるとは思いますが、レンタカーならともかく、公共交通機関を使った地方の旅で、自由きままな行動は、無謀です。

 何しろ、電車は1時間に1本は当たり前、タイミングが悪ければ、周囲には何もない小さな駅で、2時間以上待つ可能性だって、充分有り得ます。

 食べ物だって、ぶらっと入ったお店が当たりだったら嬉しいですが、なかなかそうはうまくいきませんし、ガイドブックに載ってるお店はそれなりに美味しいですが、やっぱりそれなりですしね。


■自分好みの飲食店を見付ける

 私はまず、行くと決まった土地の飲食店を、ネットを使って出来る限りピックアップします。そして、いろんなグルメ店評価サイトを見て、お店に点数をつけていきます。


 ちなみにグルメ系のサイトって沢山あるのですが、一つだけ選べと言ったら、「食べログ」をオススメします。
 何しろ掲載店舗数が多く、お店の評価も、今までの経験上、他のサイトに比べると正しいように感じます。
 急な出先でお店を探す時には、このサイトで調べる事が多いです。


 話はそれましたが、リストアップした中から今度はそのお店を一軒一軒とことん調べまくります。そして自分が好みの店かどうかを判断し、行きたい度を点数でつけます。

 そうしていくと、自分好みのお店のリストが出来上がります。ただ、お店の場所や定休日等で、どうしても行けないお店って出てきますので、日程に合わせてお店を決めていきます。

 まぁ、個人的には、観光より美味しい物を食べたいって人なので(笑)、日程はお店優先で決めていってたりします(^_^;)

 ちなみに以前、札幌に行く時に作ったリストがあるのですが、その店舗数1000軒\(◎o◎)/。札幌市民よりお店の情報に詳しかったりします(^_^;)

 流石に最近では、そこまでリストアップはしてませんが、今回もバッチリチェックしてますので、凄く楽しみです。



 計画の立て方…なんて偉そうなタイトルを付けてしまいましたが、結局、書く時間もなくてってしまい、なんか中途半端になってしまいましたが、ほんの少しでも、旅の計画のお役に立てたら嬉しいでーす。

 簡単に言うと、

  ツアー探しは、「トラベルコちゃん

  美味しいお店探しは、「食べログ

 ってことです。あくまでも簡単に言うと…ですけどね(^_^;)


旅行計画の立て方 その1

 すっかりブログは放置状態でした…が、冬の旅行に向けて再開したいと思いまーす(^_^)v


 さてさて今回は、旅行を計画する所から始めたいと思います。

 旅行はしたいけど、どうやって計画していいのか分からないよー…って人も多いみたいなので、安いツアーや美味しいお店の探し方をお教えしたいと思います。

 まぁ、食べてばかりの男の一人旅ですので、あまり参考にはならないかもしれませんが(^_^;)


■1.旅先のエリアを決める

 当たり前ですが、まずは行き先を決めなければなりません。

 行きたい場所が決まっていれば問題ないのですが、私の場合、具体的に行きたい場所ってあまり無いので(笑)、意外と困ってしまうんですよね。

 前回、北海道−東北旅行に決めた一番の理由が、暑くない場所がいいという理由でしたし、前々回の金沢は、行った事のない場所の中から比較的旅費が安いエリアが金沢だったというだけで、初めから金沢に行きたかった訳ではありませんでした。

 で、今回ですが、九州にしました。

 全都道府県を制覇しようと思ってまして、九州は福岡、長崎、大分しか行った事がなかったですし、宮崎は東国原県知事で、鹿児島は篤姫で何かと話題になってますので、丁度いいかなと思い、南九州に決めました。


■2.具体的な場所を決める

 一番行きたいのは、宮崎、鹿児島、熊本ですね。その3県は行った事ありませんし、観光地も多そうですし、何より食べ物が美味しそう(笑)

 この3県は決定です。

 ただ、以前行った由布院も良かったのですし行けなかった別府も行ってみたい。福岡や長崎で食べ逃したグルメも多いのでまた行ってみたい…。

 この3県は行けそうなら行く事にします。


■3.安く行く方法を探す

 旅をする為に、一番重要かつ費用が掛かるのが、現地までの交通費です。

 たまにしか旅行をしない人は、贅沢な旅をしたがりますが、私は、極力旅費を抑え、食費や、旅の回数を増やしたいと思う人なので、とことん安いのを探します。

 ここ数年で覚えたのが、青春18きっぷを使う方法です。これは11500円で5日間JRが乗り放題という切符です。
 長所と短所がはっきりした切符ですが、それらを理解した上で使えば、最強の切符と言っても過言ではありません。
 詳しい内容は、また次の機会に書きたいと思います。

 無難なのは、旅行会社のツアーを利用する事です。ツアーと言っても、往復の航空券と宿泊だけの物も多く、うまく探せば、札幌2泊3日で19800円なんてのもあったりします。

 自由な旅をしたいのなら、航空各社が出している格安航空券を利用するのが一番です。
 いつでも買える訳ではありませんが、片道1万円前後で買える事が多いので、自分であれこれ計画を立てたい人にはピッタリですね。


 これらの中から、自分の希望に合い、尚且つ安いのを探すのです。

 今回の場合、宮崎空港着−熊本空港発…みたいな旅をしたいので、ツアーで探そうとしても、あまり安くなく、格安航空券で計画を立てる事にしました。

 九州地方に行っている航空会社は、JAL、ANA、スカイマーク、スターフライヤーとありますが、一番安いのが、スカイマークです。

 サービスを簡素化してリーズナブルな航空会社として有名ですが、札幌便で何度か利用しているので、抵抗ありません。
 スカイマークの中でも安いのが、設定日の搭乗35日前までのご予約で利用出来るスカイバーゲンと、予約日と残席数によって運賃額が変動するスカイフレックスというチケット。

 それらを利用すると、往復2万円ぐらいで行けそうです。


 行く手段が決まりかけてきた段階で、現地の行動を計画します。

 私の場合、まずは絶対に行きたい場所をピックアップします。そして、時刻表を検索し、大まかなルートを決めます。

 そうしていると、九州というのは、特急を使わないと大変アクセスの悪い土地だというのが分かってきます。でも、特急で移動していては、お金が掛かって仕方ありません。困りました…

 そこで思いついたのが、前回の九州旅行です。その時は、ツアーのオプションでJRフリー切符を購入していた為、長崎も由布院も2日間特急で7000円ぐらいで周る事が出来ました。

 でもこのフリー切符というのは、旅行会社のオプションでしか販売していないので、手に入れるにはツアーを申し込むしかありません。


 格安航空券+特急代とツアー+フリー切符を天秤に掛けたところ、後者の方が安そうとなり、結局ツアーを探す事に逆戻りとなりました…


■4.安いツアーを探す

 たまに、「そんな安いツアー、どうやって探したの?」って聞かれる時がありますが、基本は、ひたすら探すしかありません。

 私自身、街の旅行会社は一通り周るのは勿論、ネットでひたすら検索しまくり、物凄く手間暇掛けて探していました。そうする事で、予想以上の価格のツアーが見付かったりします。

 しかし、だんだんとコツが分かってきました。今では、以前の3分の1程度の労力で見付ける事が出来るようになりました。


 そこで、ツアー探しのオススメサイトをご紹介します。トラベルコちゃんです。

 このサイトは、複数の旅行会社のツアーが一度に検索出来ますし、検索条件も細かく指定出来るので、凄く便利です。

 勿論、このサイトだけで最安値を探し出せるかどうかは分かりませんが、かなりの確立でいい感じのツアーが見付かりますので、探すのが面倒な方は、ここだけ見るのでもいいと思いますよ。


 さてさて、私の方ですが、2つの条件で探す事にしました。1つはJRフリー切符が手配できる事、もう1つは空港を選べる事です。

 その条件で、上記のトラベルコちゃんを始め、いろいろと探しまして、そこそこいい感じのツアーを見付ける事が出来ました。

 行きが宮崎空港、帰りが福岡空港の3泊5日で、JRの南九州フリー切符を付けて、47000円というツアーです。

 格安航空券で行くと、6万近く掛かりそうなので、安くあがりました。

 でも、今回はちょっと値が張りましたね…(^_^;)


 ツアーが決まったところで、肝心なのは、旅の中身です。

 それは、その2までお待ち下さいませ〜(^_^)/~


札幌まちめぐりパス(2006試験販売版)5

 私の旅行スタイルというのは、旅費を出来るだけ安くあげて、現地での食費だったり遊ぶお金に使いたいというもの。
 旅行をすると決めたら、とことん安く済ませる方法を調べます。現地までの交通手段や宿泊先選びは勿論ですが、現地での交通手段を考えるのも大事だったりします。

 定番中の定番なのが、大きな都市なら大抵どこにでもある乗り物のフリーパス。複数の観光スポットに行くぐらいで、直ぐに元がとれてしまうものばかりです。
 また、慣れない土地というのは切符を買うのも大変だったりします。フリーパスであれば、そういう手間も省くことが出来ますので、費用削減以外のメリットもあります。

 札幌観光に使うのに一番有名なのが、札幌市交通局の「共通1DAYカード」。これは市営交通(地下鉄・市電)、JR北海道バス/じょうてつバス/中央バスが1日乗り放題で、大人1,000円 こども500円。これさえあれば、有名な観光地は殆ど周れるんじゃないでしょうか。
 地下鉄だけで良ければ、地下鉄専用1DAYカード大人800円こども400円もあります。さらに使うのが土日祝であれば、同じ内容で「ドニチカキップ」大人500円こども250円があります。

 さらに、過ごすのが5日か20日であれば「共通1DAYカード」と同じ内容の「エコキップ」というのがあり、大人700円こども350円で乗る事が出来るんです。日程がある程度変更が可能な方は、この日に合わせて日程を決めるというのもありかなと思います。

 さて、前置きが長くなりましたが、これからが今回の本題です。
 共通1DAYカードでも十分お徳なのですが、これを遥かに上回るお得なフリーパスが、試験販売ではありますが、登場致しました。その名も「札幌まちめぐりパス」
 これは、共通1DAYカードと、人気観光スポット20ヶ所がなんと無料で楽しめて、たったの2,000円なんです!!
(藻岩山ロープウェイ、JRタワー展望室、さっぽろテレビ塔、円山動物園、白い恋人パーク、観覧車ノリア、札幌ドーム展望台、羊ヶ丘展望台、札幌市青少年科学館、札幌芸術の森、大倉山ジャンプ競技場、札幌ウィンタースポーツミュージアム他)

 20ヶ所を一日で周るのは無理ですが、ちょっと無理すれば、札幌ドーム展望台…羊ヶ丘展望台…札幌市青少年科学館…藻岩山ロープウェイ…さっぽろテレビ塔…JRタワー展望室…観覧車ノリア …と、ちょっとした展望満喫コース?を周れます。
 これを実費で行こうとすると、7〜8,000円ぐらい掛かるんです。それが2,000円で済むんですからね。これを使わない手はありません。

 ただし、試験販売の為、限定500冊のみ。評判が良ければ定番化されるかもしれませんが、こんな好条件での販売は、今回が最後かもしれません。

 私はもちろん、ゲットに成功しましたよ〜☆

 ※2007年に期間限定で発売されましたが、内容が大きく変わってしまってました。


第一ターミナル

羽田第一ターミナル

 最近はANAがお気に入りなので、羽田ターミナルも第二が多かったのですが、今回は激安ツアーの為、残念ながらスカイマーク。よって久しぶりの第一ターミナルです。
 でもやっぱり第二の方が好きですね。何故かというと、先程の高速バスもモノレールも、第二が始発なんです。特に長時間乗る事になるバスの場合、かなり重要です。

 航空会社を選ぶ基準っていろいろあるかと思いますが、ターミナルが第二だからという理由で選ぶのもいいかもしれませんよ。


空港リムジンバス4

バス停

 意外と知られていない空港への高速バス。実は私もつい最近までその存在すら知りませんでした(^_^;)。でも知ってからは殆どバスで行ってます。

 それまで羽田空港に行くには、自宅の最寄り駅までバス−1時間弱かけて浜松町へ−モノレールで羽田空港駅へ−エスカレーターで地上階へ…とかなり面倒。旅行の場合荷物がありますから、乗り換えが多いと飛行機乗るまでに疲れてしまいます(>_<)。しかも、帰りなんかはラッシュの時間とぶつかったりもしますから、もっと最悪です。
 しかし高速バスだと、乗ってしまえば空港の1Fロビー付近まで乗り換え無し。しかも私の場合、運良く歩いて数分の所にバス停(写真のがそうです)がある為、ほぼドアtoドア状態なんです\(^.^)/
 高速バスで行く方が料金的に若干高いのですが、便利さには変えられません。

 しかし、この高速バスにも欠点があります。最終が早いこと。そして時間が不確実なこと。
 私の場合、旅先で目一杯滞在したい人なので、飛行機が最終便になりがち。でもそこまでいるとバスがなくなります。
 時間に関してですが、今まで何回か乗ってますが、一度も遅れたことはありませんが、やっぱり不安なので、時間に余裕を持った便を選んでしまいます。ただ、帰りはそんな心配は不要なので、行きは電車・モノレール、帰りはバスにしたりもします。

 とりあえず、お住まいの近くから空港への高速バスが出てないか調べてみましょう。あれば一度利用してみて下さい。凄く便利ですよ!

 さて、これから北海道に出発です☆


東京/JRバス関東@東海道昼特急大阪号3

東海道昼特急大阪号 昼間に運行している、東京−大阪間の高速バスです。約8時間で到着します。3列シートで座席にゆとりがあり、往復で10000円と比較的リーズナブルなので、当時夜勤務だった私には、ピッタリのバスでした。


月別アーカイブ
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Since 2007.11.19

無料アクセス解析
クリックしてね!
無料ゲームで稼げる&高還元率ポイントサイト│ドル箱

食べログ グルメブログランキング

blogram投票ボタン

人気ブログランキングへ

お知らせ
■ 星の評価について
★★★★★ もう最高!(~o~)/
★★★★ 凄くイイ♪(^o^)
★★★ いい感じ (^_^)
★★ 普通かな (^_^;)
★ 残念でした (-_-;)

2009/04/28
■拍手のお願い■
デザイン新装にあたり、拍手の機能が付きました。もし気に入った料理・お店・記事があったら、各記事の下にある拍手ボタンを押して下さい。どれが人気があるのかが分かり、励みにもなります。宜しくお願いしますm(__)m
楽天市場
Amazonライブリンク